So-net無料ブログ作成
検索選択

出店者プロフィールVol.18 * 武笠陽一 坂戸屋 [出店者紹介]

出店者プロフィールVol.18 * 武笠陽一 坂戸屋

神奈川県の川崎市にある、地酒とワイン専門店「坂戸屋」の店主の武笠陽一さん。

店内に入ると、愛してやまない生産者から託された、日本酒・ワイン・焼酎たちがずらっと並んで出迎えてくれている。

その一角に、なにやら開栓された日本酒が置かれているのを目にされることもあるかもしれない。

武笠さんは、実は無類の酒好き体育会系である。
アスリートが日々筋トレを怠らないように、「酒トレ」を日課としている。

温度を変え、器を替え、酒のポテンシャルを最大限まで引き出し、料理との最適な相性を想像する「酒のトレーニング」。

「早くおいしい料理に合わせて!」と、酒瓶から熱い視線を感じるかのように、武笠さんの頭の中は常に食中酒にぴったりの一本をいつ何時も考えている。

武笠さん曰く、「お得意先の料理人さんに、お酒のペアリングを求められると燃える」らしい。

その熱い思いは、生産者さんをはじめ、飲食店さんや、お客様にも伝播し、武笠さんの意見をもとめてイベントが組まれることも多くなった。 その点においても絶大な信頼が伺える。

生産者さんも中々の強者が多い。

一本一本のお酒が、どのように巡り巡って、武笠さんのもとへとやってきたのか。 たくさんのエピソードがあるのでしょうが、よっぽどの信頼関係がないと置かせてもらえないお酒がほとんど。

僕が思うに、それは武笠さんが人一倍の誠実さがあるからではないのかと思っている。

昭和という時代から比べると、酒屋という業種もどんどん変化していかなくてはならなくなった。お客様も商品を品定めするようになり、酒販店も様々な形態のお店ができてきた。

そんな時代だからこそ、人と人を繋ぐ新たな酒屋のスタイルが「坂戸屋」さんには感じられる。

ぜひ、武笠さんとの酒談義をされながら、寿司と蕎麦に合うように選ばれたお酒をいただきに、会場となる「まぶのや」さんに足を運んでくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご本人プロフィール

1971年生まれ。大手ビール会社の営業職を経て、神奈川県川崎市の実家の酒屋を継ぐことになり地元・神奈川県の酒蔵との出会いにより、日本酒の魅力に開眼。 まんまとハマる。

地酒とワインの専門店「坂戸屋」4代目店主。
https://www.facebook.com/sakadoyamukachan/

紹介文:ハリボテ庵 Hibiya

13901557_285111565193438_745957201748303936_n.jpg13906661_285111598526768_1361468935397986489_n.jpg13932672_285111621860099_9169764749068958943_n.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
石見銀山でイベントします! タイトルは「旅するひと皿」です。 2016年8月30日31日(11:00~) 島根県大田市大森町(世界遺産 石見銀山)

飲食・物販・ワークショップもあるイベント。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。