So-net無料ブログ作成

出店者プロフィールVol.20 * 岸本恵理子 イタリア料理 [出店者紹介]

出店者プロフィールVol.20 * 岸本恵理子 イタリア料理

実店舗を持たず、個人宅やイベント会場で料理の腕をふるう「流し」のイタリアンシェフ。

広告会社に勤務していた日々の中、葉山の一色海岸の「海の家」で料理をふるまう機会が訪れた。料理への思いが高まり、なんと渡伊。約3年、イタリアで各地方の料理を学んだ。

そして、現地で感動した、味と、その記憶を、場所を問わずにだれかに伝えたいと、イタリア伝統料理を軸に「出張料理人」を始めたのだ。

料理とは、その人がもつセンスが形になったもの。 小さいころの想い出や、修業時代で学んだことなどなど、その料理人によって思考もちがければ、表現方法も全く異なる。

彼女の作る料理には、イタリアン伝統料理だけではない、自由な発想が必ず詰め込まれている。 一年ごとに増えていく膨大な仕事量と、毎年、飛び回る海外での蓄積された経験が、新たな料理となって一皿に込められる。

肝心の出張料理は、厨房の広さであったり、ガスの強さ、冷蔵庫の容量、突然の依頼内容の変更などと、依頼主によって様々な環境でのぞまなければならない。 

そんな数々の条件から生まれる閃きこそ、岸本恵理子の最大の武器なのかもしれない。

あるコラボイベントで彼女が作ってくれた「生ハムの椎茸フリット」。 古い年月により甘味が増したバルサミコ酢をかけられた椎茸のフリットに、極薄にスライスされた生ハムをフリットの上にのせた一品。 その完成度に会場にいたお客様は、歓声をあげずにはいられなかったほど。 もちろん生ハムは、《旅するひと皿》に出店していただく「サルメリア69」さんのシュワシュワハム!

なのでイベント当日には、どのような料理ができあがるのか楽しみにでならない。 もしかしたら、ちょっとしたコラボ料理になることを想定した料理がでてくるかも?

ぜひ、会場となる『郡言堂 本店』にて、岸本シェフの閃きの一皿を味わいに来てください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご本人プロフィール

ワインと料理との関係性にも関心が高く、ワイン発祥の地といわれるジョージア(旧グルジア)にもワインとその料理を学ぶために滞在。 

個人宅での料理からイベント、映像の中の料理制作まで幅広く活動中。

紹介文:ハリボテ庵 Hibiya

14063781_289381814766413_9220465521368980148_n.jpg14045877_289382044766390_3812294122788719517_n.jpg14138230_289382108099717_737511510012823627_o.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

石見銀山でイベントします! タイトルは「旅するひと皿」です。 2016年8月30日31日(11:00~) 島根県大田市大森町(世界遺産 石見銀山)

飲食・物販・ワークショップもあるイベント。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。