So-net無料ブログ作成
検索選択

出店者プロフィールVol.21 * BON DABON 多田昌豊 [出店者紹介]

出店者プロフィールVol.21 * BON DABON 多田昌豊

ラテンの香りと日本人ならではの職人魂を感じる、パルマハム職人の多田さん。

多田さんが薄くスライスしてくださった「ペルシュウ」を初めて食べたときは、踊りだしたくなるほどの興奮と感動に包まれた。
とにかく、うまい。

それまで食べていた生ハムとのあまりの違いに驚く。 日本人のもつ生ハムの価値観を、根底から覆すようなおいしさを与えてくれる。

彼は、岐阜県は関市の洞戸という、山もあり、川があり、天然の鮎が泳いでるほどの美しい場所で、「ペルシュウ」を造っている。
ここは、気候もイタリア・パルマに近い環境と感じたからだという。

さて、その「ペルシュウ」とは何か。
多田さんの文章を拝借し、簡単に説明させていただくと……

「ペルシュウ」とは、イタリアパルマの現地の方言で「パルマハム」であり、特に職人は親しみを込めてこう呼んでいるそうだ。
日本では、非加熱であればすべて「生ハム」と呼ばれている。
本場イタリアの「パルマハム」も、日本で製造されている、熟成されていない「非加熱ハム」も、すべて「生ハム」と呼ばれていることに、多田さんは違和感を感じると語っている。

「パルマハム」とは、パルマハム協会が認めた地域、原料、製法など様々な規定を守ったものだけが名乗ってよい名前だそう。
だから、岐阜県関市洞戸で造るハムは、パルマハムではないという。 しかし彼は、「パルマハム職人」としてその名に恥じないハムを造る、食品添加物を一切加えず、続ける。そんな思いを込めて、自分の作るものを「ペルシュウ」と呼ぶことにした。

多田さんは、「ペルシュウ」を製造し管理するかたわら、北は北海道、南は沖縄へと、たくさんのイベントにも参加し、奔走している。 エネルギーと魅力にあふれた彼が精魂込めて造る「ペルシュウ」をひと口食べれば、その余韻に浸りっぱなしになること間違いなし。

今回のイベント会場「他郷 阿部家」にて、この新しい旨味との出会いを堪能してください!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご本人プロフィール

1971年9月、東京生まれ
1996年3月、麻布大学獣医学部環境畜産学科卒業。専攻「食肉加工学」。
在学時、当時まだ輸入が解禁されていなかったパルマハムを食べ、その美味しさに衝撃を受ける。
1997年3月、人生経験を積むため、青年海外協力隊としてタイへ渡り、ウボンラチャタニ―大学で食品加工学を教える。
1999年4月、帰国。
2000年6月、長年の夢であったパルマハム職人になるため渡伊。
2001年3月、Fratelli.Galloni(老舗のパルマハム会社)に入社。
2008年1月、すべての工程をマスターし、「職人」の称号を得る。
2009年2月、帰国を決意。
2010年1月、株式会社BON DABON設立。 2010年7月、ペルシュウ工場着工。
2011年1月、ペルシュウ工場竣工。第1回目の仕込みを始める。
2012年8月、販売開始。

http://bondabon.com/

紹介文:ハリボテ庵 Hibiya

14054313_291355884569006_6499703806141745288_o.jpg14047206_291355927902335_1422701891570396367_o.jpg14114869_291355961235665_534284618454428555_o.jpg14138046_291356007902327_3053385928752839306_o.jpg

イベント会場マップ完成!! [お知らせ]

イベント会場のマップが完成しました!!
会場の入り口で配布します。

お待ちしております~!

14053977_290239404680654_934868133711751971_n.jpg

出店者プロフィールVol.20 * 岸本恵理子 イタリア料理 [出店者紹介]

出店者プロフィールVol.20 * 岸本恵理子 イタリア料理

実店舗を持たず、個人宅やイベント会場で料理の腕をふるう「流し」のイタリアンシェフ。

広告会社に勤務していた日々の中、葉山の一色海岸の「海の家」で料理をふるまう機会が訪れた。料理への思いが高まり、なんと渡伊。約3年、イタリアで各地方の料理を学んだ。

そして、現地で感動した、味と、その記憶を、場所を問わずにだれかに伝えたいと、イタリア伝統料理を軸に「出張料理人」を始めたのだ。

料理とは、その人がもつセンスが形になったもの。 小さいころの想い出や、修業時代で学んだことなどなど、その料理人によって思考もちがければ、表現方法も全く異なる。

彼女の作る料理には、イタリアン伝統料理だけではない、自由な発想が必ず詰め込まれている。 一年ごとに増えていく膨大な仕事量と、毎年、飛び回る海外での蓄積された経験が、新たな料理となって一皿に込められる。

肝心の出張料理は、厨房の広さであったり、ガスの強さ、冷蔵庫の容量、突然の依頼内容の変更などと、依頼主によって様々な環境でのぞまなければならない。 

そんな数々の条件から生まれる閃きこそ、岸本恵理子の最大の武器なのかもしれない。

あるコラボイベントで彼女が作ってくれた「生ハムの椎茸フリット」。 古い年月により甘味が増したバルサミコ酢をかけられた椎茸のフリットに、極薄にスライスされた生ハムをフリットの上にのせた一品。 その完成度に会場にいたお客様は、歓声をあげずにはいられなかったほど。 もちろん生ハムは、《旅するひと皿》に出店していただく「サルメリア69」さんのシュワシュワハム!

なのでイベント当日には、どのような料理ができあがるのか楽しみにでならない。 もしかしたら、ちょっとしたコラボ料理になることを想定した料理がでてくるかも?

ぜひ、会場となる『郡言堂 本店』にて、岸本シェフの閃きの一皿を味わいに来てください!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご本人プロフィール

ワインと料理との関係性にも関心が高く、ワイン発祥の地といわれるジョージア(旧グルジア)にもワインとその料理を学ぶために滞在。 

個人宅での料理からイベント、映像の中の料理制作まで幅広く活動中。

紹介文:ハリボテ庵 Hibiya

14063781_289381814766413_9220465521368980148_n.jpg14045877_289382044766390_3812294122788719517_n.jpg14138230_289382108099717_737511510012823627_o.jpg

出店者プロフィールVol.19 * 川岸真人 カレーのアキンボ [出店者紹介]

出店者プロフィールVol.19 * 川岸真人 カレーのアキンボ

人気絶頂のさなか、東京錦糸町で営業されていた「カレーのアキンボ」が閉店すると報告されたのは昨年の3月の事。

川岸さんのカレーが食べれないということは、僕のカレー人生において(僕はカレー屋さんをやりたいと本気で思っていたこともあった)どれだけさびしい出来事であったことか。

そんな私の思いはさて置き、川岸さんが次のステージに選んだ舞台は、彼が生まれ育った佐賀という大地だった。

「アキンボのカレーはどんなタイプのカレーですか」と尋ねられると、「川岸さんのカレーなんだよなぁ」と、ついついそう答えてしまう。

彼の哲学の中から生まれたカレーは、繊細で透明感が伝わる一見優しいそうなカレーなのだが、うま味が、スパイスが、まるで躍っているかのように、自由でいて野性味のあるカレーなのである。

僕が初めて「カレーのアキンボ」で注文したのは、「鶏皮と人参のカレー」だった。 
それは、生まれて初めてのカレーの形だった。
インドでも、洋風でもない盛り付けで現れたその一皿を、不思議な気持ちで見つめてしまった。 「この食材でこの完成度はありえない!」鶏皮と人参というシンプルな素材だけで、この世界観。
なんじゃ、これは……めちゃくちゃおいしい。

「カレーのアキンボ」のひと皿をいただいたときの驚きは、永遠に忘れることのできない衝撃的なものだった。

そんなすごいカレーを、一人で黙々と丁寧に作り上げてる川岸さん。 
あるとき、野菜の扱い方が変わり、今までになかった魚介類のメニューが増えた。 
東京から佐賀に移転されてからもゆっくりと確実に進化している。

川岸さんが作っているのは、「カレー」というジャンルであり、カレーという概念を超えた「創作料理」ではないかとも思う。
それくらい、超越したカレーであると感じるのだ。

「カレーのアキンボ」の“唯一無二のカレー”を、ぜひ石見銀山の重要文化財でもある《 熊谷家住宅 》にて、五感で体感しながら味わってください!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご本人プロフィール

1984年生まれ
佐賀県出身

2004年 高校卒業後 東京の大学に進学
2010年 東京墨田区錦糸町にカレーのアキンボを開業
2015年 佐賀県大和町に移転

紹介文:ハリボテ庵 Hibiya

14022216_287753704929224_3159078705669761721_n.jpg14100507_287753734929221_6946829300830784259_n.jpg14068231_287753758262552_1399731654297777948_n.jpg

Web料理通信にて、「旅するひと皿」紹介されています! [メディア]

Web料理通信にて、「旅するひと皿」紹介されています!

どうぞご覧ください^^

こちらをクリック

出店者プロフィールVol.18 * 武笠陽一 坂戸屋 [出店者紹介]

出店者プロフィールVol.18 * 武笠陽一 坂戸屋

神奈川県の川崎市にある、地酒とワイン専門店「坂戸屋」の店主の武笠陽一さん。

店内に入ると、愛してやまない生産者から託された、日本酒・ワイン・焼酎たちがずらっと並んで出迎えてくれている。

その一角に、なにやら開栓された日本酒が置かれているのを目にされることもあるかもしれない。

武笠さんは、実は無類の酒好き体育会系である。
アスリートが日々筋トレを怠らないように、「酒トレ」を日課としている。

温度を変え、器を替え、酒のポテンシャルを最大限まで引き出し、料理との最適な相性を想像する「酒のトレーニング」。

「早くおいしい料理に合わせて!」と、酒瓶から熱い視線を感じるかのように、武笠さんの頭の中は常に食中酒にぴったりの一本をいつ何時も考えている。

武笠さん曰く、「お得意先の料理人さんに、お酒のペアリングを求められると燃える」らしい。

その熱い思いは、生産者さんをはじめ、飲食店さんや、お客様にも伝播し、武笠さんの意見をもとめてイベントが組まれることも多くなった。 その点においても絶大な信頼が伺える。

生産者さんも中々の強者が多い。

一本一本のお酒が、どのように巡り巡って、武笠さんのもとへとやってきたのか。 たくさんのエピソードがあるのでしょうが、よっぽどの信頼関係がないと置かせてもらえないお酒がほとんど。

僕が思うに、それは武笠さんが人一倍の誠実さがあるからではないのかと思っている。

昭和という時代から比べると、酒屋という業種もどんどん変化していかなくてはならなくなった。お客様も商品を品定めするようになり、酒販店も様々な形態のお店ができてきた。

そんな時代だからこそ、人と人を繋ぐ新たな酒屋のスタイルが「坂戸屋」さんには感じられる。

ぜひ、武笠さんとの酒談義をされながら、寿司と蕎麦に合うように選ばれたお酒をいただきに、会場となる「まぶのや」さんに足を運んでくださいませ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご本人プロフィール

1971年生まれ。大手ビール会社の営業職を経て、神奈川県川崎市の実家の酒屋を継ぐことになり地元・神奈川県の酒蔵との出会いにより、日本酒の魅力に開眼。 まんまとハマる。

地酒とワインの専門店「坂戸屋」4代目店主。
https://www.facebook.com/sakadoyamukachan/

紹介文:ハリボテ庵 Hibiya

13901557_285111565193438_745957201748303936_n.jpg13906661_285111598526768_1361468935397986489_n.jpg13932672_285111621860099_9169764749068958943_n.jpg

カンブリア宮殿に群原堂が紹介されます [メディア]

8月18日テレビ東京「カンブリア宮殿」にて、「旅するひと皿」に協賛して下さっている石見銀山生活文化研究所(群言堂)が紹介されます。
大森町の様子と合わせて、ぜひご覧ください!
全国30店舗の総本店「群言堂本店カフェ」と築220年の古民家宿「他郷阿部家」をイベント会場として使わせて頂きます。


http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/next/

出店者プロフィールVol.17 * 綿引喜広 VIA THE BIO [出店者紹介]

出店者プロフィールVol.17 * 綿引喜広 VIA THE BIO

『VIA THE BIO』の綿引さんはヨーロッパから“生産者の顔が見える、上質で、オーガニックにこだわった”チーズを直輸入しているインポーターさんです。

当人の綿引さんにお会いしてみるとクリエイティブな仕事をされているのかなと思わされます!
それもそのはず!!綿引さんの経歴は、大手インテリアショップでインテリアデザインのお仕事をされ、ヨーロッパの輸入デザイナー家具を販売したりしていたそう。
その後、フランスの外資系の会社ヨーロッパからの輸入を中心とした輸送会社でワインやチーズ、その他の食材、アパレルの輸送のキャリアをつまれた。そんなお仕事の中、フランスでチーズやワインに触れ、当時、ほとんど日本に流通のなかったオーガニックのチーズを日本の皆さんに届けたかったそうです。

その後、綿引さんは、茨城県鹿嶋市で『VIA THE BIO』を立ち上げのABマークおよびエコサートの基準を満たし認証を受けているものを主に取り扱い、“食の安全”をいつも念頭におき安心安全なものを確実に消費者のもとへお届けできるよう心掛けています。

ヨーロッパから厳選して直輸入しているチーズは、ホントに美味しいものばかり。『VIA THE VIO』のチーズを食べた人のご意見ですが「自然のまま、ありのままのミルクから作られたチーズは“すーっ”と何の違和感もなく口の中に溶けてゆき(あれ?チーズってこんなにキレイ味わい?)次に嫌味のない心地よい余韻が残ります!!」と絶賛です。
チーズが苦手、山羊のチーズの香りがちょっと・・の方、是非、このイベントで綿引さんに相談してみませんか?

実は、綿引さんがインポートしたチーズを食べたことがありません、というのも綿引さんはインポーターさんの為、なかなか会えるチャンスがありません。今回は綿引さんに会えるまたとないチャンスです!!

今回、『VIA THE VIO』の綿引さんは、安倍家という風情ある大変素敵な日本家屋で皆さんをお待ちしています。ご一緒の場所には、あの日本唯一の公認パルマハム職人『BON DABON』の多田さんと『THE WINE STORE』の横川さんと一緒です。この3人がいたら最強です。美味しいワインと、多田さんの生ハムと、オーガニックの綿引さんが厳選したチーズ。安倍家の日本家屋がヨーロッパになってしまいます!!

================================================
url:http://www.vtb.co.jp/index.html
株式会社ヴィアザビオ VIA THE BIO Co.,Ltd.
茨城県鹿嶋市宮中89-1
TEL:0299-94-7467
FAX:0299-94-7497
EMAIL:info@vtb.co.jp

朗報!!
茨城県鹿嶋市で5周年を記念し、この9月から
茨城県つくば市へ移転します。小売り用のショップも併設します!!
文:naomi yamada 文協力:高橋雅子さん

13891941_282638032107458_571980299343236589_n.jpg13876605_282638085440786_165671972338762566_n.jpg13879244_282638165440778_2379377667620472079_n.jpg


dancyuに掲載されました [メディア]

イベントに出店する木村康司さんが8月8日に発売された『dancyu』に「東京で十年。」という記事で掲載されました。

お手元にとってご覧下さい!!

記事を読んで改めて木村さんと一緒にイベントに携われる事が、たまらなく幸せな事に思える。
沢山の人に、木村さんのおすし石見銀山で食べてもらいたいものです。


13887136_282021605502434_4774552349929848336_n.jpg13902552_282021612169100_4592947821766743350_n.jpg

新聞に掲載されました! [メディア]

日経新聞(中国地方版)に掲載されました!

ご覧ください^^

13895027_280483922322869_8809930549777630800_n.jpg
石見銀山でイベントします! タイトルは「旅するひと皿」です。 2016年8月30日31日(11:00~) 島根県大田市大森町(世界遺産 石見銀山)

飲食・物販・ワークショップもあるイベント。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。